プロフィール紹介

プロフィール

佐藤俊彦

医)DIC 宇都宮セントラルクリニック 理事
セントラルメディカル倶楽部 顧問医
(株)共生医 学研究所 取締役
(株)フリー ル 取締役
メディカルリサーチ(株)顧問
米国財団法人 野口医学研究所 理事
NPO野口医学研究所 専務理事
トーマスジェファーソン大学 客員教授

経歴

1985年    福島県立医科大学卒業、同大学放射線科入局
1987年    日本医科大学 第一病院放射線科助手
1989年    獨協医科大学 放射線科助手
1993年    鷲谷病院 副院長 就任
1995年    (有)ドクターネット(現(株)CMC)代表取締役社長 就任
1997年    宇都宮セントラルクリニック(現(医)DIC)開院
2002年    (株)ドクターネット 代表取締役社長 就任
2011年    (株)ドクターネット 代表取締役社長 退任
2012年10月  野口記念インターナショナル画像診断クリニック 院長就任

ごあいさつ

認知症患者の数は年々、驚くほど増え続け、さらに軽度認知症といわれる認知症予備軍(MCI)を加えると約1300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症またはその予備軍ということになります。

日本で一番多いとされるアルツハイマー型認知症。この原因であると長らく世界中で唱えられていた「アミロイド仮説」ですが、昨今、この仮説について疑義が呈されています。私は佐賀大学の長谷川教授の「ホモシスティン酸」こそがアルツハイマー病の真因であったという発見に衝撃を受け、今回の認知症サプリメント「1969」の製造・販売に至りました。

私は放射線科医として常々、認知症の早期発見のために、「PETの画像診断を受けてください。」と言い続けています。なぜなら脳PET検査なら、MCIの段階、すなわち「認知症の芽」を可視化し、発見できるからです。

そして、もし「認知症の芽」があったのなら、それを早く摘むことです。このとき「抗ホモシステイン酸食品」を摂取すれば、かなりの高確率でアルツハイマー型認知症は防げるはずです。

間違った治療の犠牲になる前に、今あなたができることを実行することこそが最強の予防策であり、攻めの治療といえるのです。

アルツハイマー病は、予防も改善もできる。そんな時代にすでに突入しています。単なる長生きではなく、健康寿命をまっとうすることこそが、現代社会における最終の目標と考えています。皆様が健康で楽しい老後を送ることができるようにと努めています。

佐藤 俊彦

佐藤 俊彦・著書のご紹介

『がんでは死なない!ボケにもならない!』(メタモル出版)

『医療崩壊 回避できず』(デジタルメディスン)

『100歳まで現役で生きる人のシンプルな習慣』(幻冬舎)

『だから放射線科医はおもしろい!』(現代書林)

『臨床家のためのClinical PET』(デジタルメディスン)

『PET検査―痛みのない画像検査で、健康に生きる』(保健同人社)

『福島原発事故「2015年問題」の真実: その危機は、あなたの体内で深く進行している』(現代書林 )

『がん消滅「見えないがん」を見つけて叩く!』(現代書林)

『最先端検査が実現した「超早期乳がん最新治療」』(現代書林)

ボケは止められる!(パブラボ)

あなたのがんは「これ」で9割防げる

薬いらずで認知症は防げる、治せる! 認知症医療で後悔しない3つの方法