1969の特徴

1969の特徴

「1969」誕生の背景

開発者の長谷川先生の論文では、キーワードとなるものがいくつか出てきます。その中の一つがホモシステイン酸と呼ばれるものがあります。これは、タンパク質代謝の生成物の一つです。
ハーバード医科大学院の若き病理学者だったホモシステイン理論の第一人者キルマー・マッカリーは、1969年に血管疾患との関連性で発表を行いました。しかし、彼の説は懐疑的に受けとられ、ついに1987年、同僚によってハーバード医科大学院から追われてしまいました。後にこの理論が認められたのは1900年後半となります。

彼の研究に敬意を込めて、商品名を1969と名付けました。

認知症研究者が開発したサプリメント

医学博士 佐賀女子短期大学 名誉教授
長谷川 亨

アルツハイマー病のモデルマウスでホモシステイン酸(HA)が記憶障害の原因である事を発見し研究を進めている、認知症研究の第一人者です。

本製品は、認知症研究の第一人者である長谷川名誉教授の約30年に渡る研究の中で発見した記憶障害の原因である「ホモシステイン酸」に着目しました。これは、アルツハイマー病の原因として主流を占めるアミロイド仮説(※1)に反証する学説であり国内外問わず関心を集めています。
私たちは、顧問医の佐藤俊彦医師監修の基、長谷川名誉教授の論文の中にあるホモシステイン酸の血液中濃度と認知機能は負の相関を示しているというデータを支持し、還元型サプリメントのレシピを忠実に再現しました。

※1 アミロイド仮説
今まで認知症の多くは、アミロイドβとタウタンパク質の蓄積による脳神経細胞の死滅が原因だと言われてきました。
しかし、認知機能は病理変化、つまりアミロイドβの蓄積と一致しない症例が多数存在しています。

「ホモシステイン酸」のコントロール

今まで認知症の多くは、アミロイドβとタウタンパク質の蓄積による脳神経細胞の死滅が原因だと言われてきました。
しかし、認知機能は病理変化、つまりアミロイドβの蓄積と一致しない症例が多数あります。では、「他にその認知機能の変化を引き起こす物質が存在するのではないか・・・」という疑問から研究の結果、ホモシステイン酸という物質に辿りつきました。ホモシステイン酸の血液中濃度と認知機能は負の相関を示しています。

ホモシステイン酸とは認知機能と相関関係があるとされているマーカーです。
ホモシステインはホモシステイン酸と異なりほとんど毒性はありませんが、代謝されるとホモシステイン酸になる上、動脈硬化を引き起こすと指摘されています。

医学論文で検証されたサプリメント

認知症早期対応の重要性

91名のアルツハイマー患者における頭脳食(※1)としての水素の臨床的非盲検試験
91名の患者が2ヶ月にわたりサプリメントを飲み、彼らの認知行動はNMスケールによって計測され、全患者(100%)での強い回復を認めた。 アルツハイマーの中期患者、特にステージ4の中の数名は、完璧に認知力を回復し、健常な状態までに回復した。 末期患者でさえも、認識行動が回復し、親族を理解することができるようになり、最終的には他人との会話が理解できるようになった。しかしながら、彼らはまだ記憶障害には苦しんでいた。実際に全ての末期患者においてMMSEスコアの上昇までは認められなかった。

※1 HBF(水素頭脳食)とは本サプリメントの前衛となったものです

尿中ホモシステイン酸の数値はアルツハイマー病患者におけるミニ・メンタル・ステート検査のスコアと相互関連がある

順天堂大学浦安病院でアルツハイマーと診断された110名の方の尿を調べた。アルツハイマー病の患者さんは腎機能が低下し、体内でつくられたホモシステイン酸が尿中に排出されずに体に蓄積し、それが脳の認知機能を障害する。

PHENOMENON1969とは

成分
ホモシステイン酸を攻撃するフェルラ酸やフラナガン水素、ホモシステイン酸を無毒化する酵素の働きを強める緑茶、脳にとってのスーパーフードと言われるカカオなどが入っています。

PHENOMENON1969形状等

形状:粒剤

A剤 カカオ・緑茶等
B剤 フェルラ酸等

・予防目的、1日1回 / その他、1日2~3回
・100mlの白湯に混ぜてお飲みください。
・完全に溶けきれません。
・混濁後はすぐにお飲みください。

PHENOMENON1969の飲用者の感想

・50代 男性

飲用期間 6カ月 1か月ぐらいで頭がクリアーになった気がしてぼーっとしなくなりました。 とにかく意思決定の場面が多いのでこのサプリメントは助かります。

・40代 女性

飲用期間 6カ月 抗酸化の作用効果があると思い飲み始めました。朝がすっきり起きれるような体調になりました。

・60代 女性

飲用期間 6カ月 若年性アルツハイマーの母に飲ませています。施設に入所しており、末期ですが表情に変化がみられ安定して経過しています。
※個人の感想で効果効能を示すものではありません。

成年後見制度

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身の回りの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

法定後見制度の概要

後見 補佐 補助
対象となる方 判断能力が欠けているのが通常の状態の方 判断能力が著しく不十分な方 判断能力が不十分な方
申し立てをすることができる人 本人,配偶者,四親等内の親族,検察官など
市町村長
成年後見人等(成年後見人・保佐人・補助人)の同意が必要な行為 - 民法13条1項所定の行為 申立ての範囲内で家庭裁判所が審判で定める「特定の法律行為」(民法13条1項所定の行為の一部)
取り消しが可能な行為 日常生活に関する行為以外の行為
成年後見人等に与えられる代理権の範囲 財産に関するすべての法律行為 申立ての範囲内で家庭裁判所が審判で定める「特定の法律行為」
制度を利用した場合の資格などの制限 医師,税理士等の資格や会社役員,公務員等の地位を失うなど -
引用:法務省成年後見制度
詳細は以下の法務省HPをご覧ください。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji17.html#a1