急激な高齢化に伴い様々な問題が起こっています。
その中において私たちは
寿命が延びる程に弊害が出る社会にいます。
我々は独自の医療知識と経験を基に
製品づくりに取り組んでいます。
年々「うっかり」が増えてきた方、
それをご心配されているご家族の方、
本サプリメントをご活用ください。

NEWS

2017/09/05敬老の日キャンペーンのお知らせです
1箱約13%オフ 9月25日受付分まで
いつも1969サプリメントを愛用いただきありがとうございます。

今年の敬老の日は9月18日です。
認知症サプリメントの1969は、30年に渡る研究成果と論文を採用し自社で製造販売をしております。今後も知力を健康に保つことで向老期、ご老年期に影響されないご自身の健康な脳づくりにお繋げいただきたいとの思いから、9月25日受付分まで敬老の日のキャンペーンを実施しています。

従来 一箱30包ずつ 30000円 ☛ 26000円(税込み・送料込み)
おひとり様3箱までご購入可能です。
是非この期間をご利用ください。
2017/07/27下野新聞に佐藤 俊彦氏の記事が掲載されました。
2017/07/27認知症やMCI(軽度認知障害)発見率の高い認知症PET検査とは?
2017/07/06意思能力鑑定がTV東京ワールドビジネスサテライトの取材を受け放映されます。
意思能力鑑定が取材を受け以下の時間で放映予定です。

2017年7月12日(水)23時より(テレビ東京系列)
経済情報番組『ワールドビジネスサテライト』 



意思能力鑑定とは存命中に本人の意思能力の有無とその程度を医学的な専門的診断と脳の検査によって鑑定するものです。

WBSの取材では、弊社顧問の佐藤俊彦先生が理事を務める宇都宮セントラルクリニックにて脳のPET検査の流れとその画像の解析を説明しました。また、精神医師の北村先生の構造化面談についても取材を受けています。

脳はブドウ糖を栄養源としています。この代謝をみる検査がPET検査なのです。このPET検査は交通事故外傷の高次脳機能障害についても、有効な検査です。

このPET検査を用いた高次脳機能障害については、

7月14日、霞が関にてセミナーを開催いたします。

⇒詳しくはこちら

また、意思能力については7月21日にアットビジネスセンター東京駅にてセミナーを行います。

⇒詳しくはこちら

意思能力鑑定の会報誌をご希望の方はこちらまで

⇒お問い合わせはこちら
2017/06/307月30日(日) 家族のための認知症セミナー@新潟を開催します。
7月30日(日) 家族のための認知症セミナー@新潟を開催します。
2017/06/272017年6月20日の都政新聞に佐藤先生の著書が紹介されました。
記事はこちらをクリックし、ご覧下さい(PDF)
2017/06/15「家族のための認知料セミナーin東京 2017」を開催いたします。
2017/03/304月22日(土) 『家族のための認知症セミナー』を開催!
2017/02/22
『第6回 とちぎ健康セミナー「認知症 」~認知症にならないために・・・健康長寿とちぎをめざして~』に参加しました。
今回のセミナーでは『認知症』に焦点をあて以下の先生方から、それぞれの現状や最新治療などについて講演をされました。
そこで弊社の1969サプリメントについてもご紹介させていただきました。
400名弱のご参加をいただき皆様の認知症への関心の高さを改めて実感しました。

平成29年2月18日(土曜日)

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
第1部
『認知症はMCIを画像診断で見つけるのが基本です』
宇都宮セントラルクリニック理事
佐藤 俊彦先生
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
第2部
『アルツハイマーゼロの世界』
佐賀女子短期大学名誉教授
長谷川 亨先生
–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
2017/02/18サイトオープンいたしました!
フェノメノンの通販サイトがオープンいたしました。
フェノメノン1969
フェノメノン1969 フェノメノン1969 フェノメノン1969 フェノメノン1969
~認知症に特化した研究データ~
望ましい現象を起こすという意味を込め
phenomenon 1969サプリメントが
誕生いたしました。
ホモシステイン酸の還元
販売価格(税込): 30,000 送料別
購入数:

「PHENOMENON1969」は、認知症研究の第1人者である長谷川名誉教授の約30年に渡る研究の中で発見した記憶障害の原因であるホモシステイン酸に着目しました。
これは、アルツハイマーの原因として主流を占めるアミロイド仮説(※)に反証する学説であり国内外問わず関心を集めています。
私たちは、宇都宮セントラルクリニック理事の佐藤医師の監修の基で長谷川名誉教授の論文の中にあるホモシステイン酸の血液中濃度と認知機能は負の相関を示しているというデータを支持し、還元型サプリメントのレシピを忠実に再現しました。
いくつになってもクリアーな脳をサポートするものです。

※アミロイド仮説
今まで認知症の多くは、アミロイドβとタウタンパク質の蓄積による脳神経細胞の死滅が原因だと言われてきました。
しかし、認知機能は病理変化、つまりアミロイドβの蓄積と一致しない症例が多数存在しています。

国内での一貫製造

製造を委託した国内工場は基原材料、原料入庫から各製造工程、最終製品から出荷に至るまでのすべての工程について、品質・安全性の厳重な管理を行っています。

著書紹介

薬いらずで認知症は防げる、
治せる! 認知症医療で後悔しない3つの方法

佐藤俊彦 (著), 長谷川亨 (著)

【内容紹介】

◎「キレる老人」は認知症の可能性大!
◎早期診断・早期治療に消極的な病院に要注意!
◎「薬漬け」治療から脱するための選択肢とは
◎ストレスに敏感な女性は、アルツハイマー病になりやすい!
◎アルツハイマー病になりたくなければ緑茶を飲みましょう
◎コーヒー、カカオは脳にとってのスーパーフード

なぜ専門医に誤診が多いのか?

それは病気を可視化する「画像診断」を疎かにしてるからです。

なぜ治療薬が効かないのか?

認知症の原因の定説「アミロイド仮説」自体が間違っているからです。
「認知症800万人時代」が来ると予測されるなか、「ホモシステイン酸」というアミノ酸の一種こそがアルツハイマー病の真因だったという衝撃の発見をした著者が明かす、
誤診だらけの医師、対処法でしかない認知症医療で後悔しないための予防、早期発見、早期療法の具体策。